会社で心がしんどそうな人へ周りがしてあげれる「3つのこと」

心理学・産業カウンセラー・カウンセリング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

周りがしてあげられる3つこととは?

1つ目

「おはよう」と声をかけてあげる

これが一番大切で、一番簡単な方法です!

こんなんでホントに効果があるの??と思われる方は結構いると思います。が、少し考えてみてください。

自分が会社を休んでしまった次の日に誰かに「おはよう!」って声をかけてもったら嬉しくないですか?!

おはよう~~!!

おはようございます(ホッ)

また会社に来ていいんだって、この社会に認められてるんだって、ここに自分の居場所があるんだって思わないですか?

そうやって自分という存在を認識して貰っているとすごく楽なんです。

 

よく人は一人では生きていけないって聞くと思うんですけど、これは本当に真理をついていると思っていて、人は生まれながらにしてすでに一人じゃないんです。

お母さんっていう存在がいなかったら生まれていないのですでに一人では生きていけないですよね?

一人じゃ食べる物どうしますか?畑から作りますか?飲み物は?ダムに貯水しますか?

って一つ一つ考えていくと本当に一人では生きていけないな・・・ってあらでぃは思います。

深層心理にはそういう一人じゃ寂しいって気持ちがあるんじゃないかとあらでぃは思います。

深層心理とは、人間の思考のうち、自分自身で自覚ができている部分はおよそ10%程度だと言われるが、その他の「無意識」部分では自分自身の制御が直接およばない要素が多く存在している部分のこと。

だって生まれる前からお母さんという存在と生まれるまでずっと一緒に暮らしているんですから一人でずっと生きていくっていうことは本能が出来ないと思います。

だから会社を休んでしまった後に、そうやって「おはよう」って声をかけてもらえるだけで心がしんどくなっている人にはよく効きます。あらでぃはそれで心が「フッ」っと軽くなった経験がすごくあります。

なので周りの人は挨拶をしてあげてください。

おはよう!

だけでいいんです。

たった、それだけでいいので周りの人にしてあげて欲しいんです。

2つ目

仕事の話をしにいく

これも1つ目に被る部分があるんですが、仕事の話をするです。

えっ?しんどそうな人に仕事の話するの?と思われるかもしれません。

でも、ここであらでぃが言いたいのは「おはよう」と言えなかった人に試して欲しい仕事の話をすることです。

これは本当に仕事の話をしにいかなくてもいいのです。

仕事の話は口実で、そういえばこの間の・・・と聞く必要のない仕事の話を持っていって会話をしてあげてください。

だから別に仕事の話じゃなくてもいいので、何かに理由をつけて会話をしにいっていいのです。

どんなことでもいいので話しかけてあげてください。

人間は口を動かすことで脳が活性化します。心がしんどくなっている人は脳が活動停止に近づいてしまっています。

じつは、口を動かすには、体を動かすよりも脳の広い部分を使います。 
脳は使えば使うほど活性化し使わなければ 縮んでしまいます。 認知症の患者さんには、 歯がない人が多いという研究報告もあるくらいです。

脳科学サイト

なので少しでも脳を動かしてあげるということで会話することで暗いことしか考えられないようになっていた脳に少しでいいので刺激を与えて欲しいのです。

そうすることで考えが止まってしまっていた暗い考えも、前進していい方向に考えられる可能性が上がります。

3つ目

昼食を一緒に食べる

これは1つ目、2つ目で書いたことに繋がるのですが

まず

一緒にお昼ご飯一緒に食べない?

かならず声をかけて相手からOKを貰ってください。

いきなり横の席にどっかと座ってぺらぺら話かけられても相手は嫌がります。あなたもいきなり横に座られて今日調子どう?と言われても本当に仲が良い人じゃないと「えっ?」

って思うし、なんやこいつは?って思わないですか?

しっかり相手から承認してもらうことでこの後に話をするにもちゃんと相手も自分も受け入れられる姿勢が整うからです。

そうすると会話もしやすくなりますし、相手の事も話してもらいやすくなる可能性がグッっと高まります。

そこで

  • 最近忙しそうだけど大丈夫?
  • いつでも話聞くよ
  • いつでも話してね

といった事を話してあげてください。

そして、相手が何か話を始めたら

絶対に遮らずに最後まで話を聞いてください。

一度でも遮ってしまうと、やっぱり自分の話は聞いてもらえないんだと思われてしまうからです。

そんな1回のことで?!と思う人もいるかもしれません。

でも心がしんどくなってる人はあなたが想像している100倍はしんどいのです。

もう1点大切な事があります。

それは相手の話に共感してあげてください。

産業カウンセラーでもこの傾聴(話を聞くこと)と共感することをまず一番初めに習います。

この2つがすごく大切でカウンセリングの基礎になるからです。

だから、以下の会話のように

最近しんどいんです。

最近しんどいんだね。

と、相手の話を共感して、伝えかえしてあげてください。

そうすると相手は話をしっかり聞いてくれているんだ!

と思いますし、自分の言っていることを理解していると思ってくれます。

ずっとオウム返しになると逆に話を聞いていない!と思われることもあるので

適度に質問を入れて

でも、基本は口を挟まず相手の話をしっかり耳を傾けて聞く。

ということをすると相手はすごく楽になってくれると思います。

その積み重ねが相手の人をどん底から救い上げる手助けになるかもしれません!!

 


以上が、産業カウンセラーを通していっぱい習ってきたことから

一般の人でもできる、「3つのこと」です。

傾聴や共感は、産業カウンセラーでもすごく大事にされることなので、もし興味がある人がいればもっとそこにフォーカスした記事を書こうかなと思います。

最後に

周りの人がこうした小さな事を少しでも、してあげられれば、心を病む人やしんどくなる人が

少しでも減ると思います。

実際に自分が実践するとなるとすごく難しいことだと思います。

でも、あなたのその1歩で救われる人が必ずいます。

 

その1歩を一緒に踏み出してみませんか?

 

その先に見える未来はあなたにとっても輝くすごくいい世界になっていることを

あらでぃは約束します。

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました