彼女を怒らせて喧嘩をした時の対処法【5選】

心理学・産業カウンセラー・カウンセリング
スポンサーリンク

今回は男のお悩み解決を補助する産業カウンセラーのあらでぃ(@DhiQ6xim9D5Rye0)です。

彼女がいきなり怒りだしたりすることありますよね?

いつもの事でも怒って、「えっ?」なんで今日は怒るの?と思う事があると思います。

女の心は秋の空とはうまく例えていると思います 。

そんな空の天気も観測できるようになるのがいい男になるコツです。

ということで本題の対処法の話をしていきます。

スポンサーリンク

5つの対処法

自分は怒る前に7秒間待つ

これは心理学的な考え方で人間は5秒以上今の状態を維持することが難しいということが

わかっています。

これは何にもせずに7秒間待つことが大事です。頭の中で色々言いたい事を考えるんじゃなく

少しの7秒間の間だけ我慢してみてください。

これ以上喧嘩をヒートアップさせないように取った7秒間がこれからの人生を左右するかもしれないのです。

本当に運命の人だとしても喧嘩をしてしまう時はあると思います。

でもせっかくの運命の人と些細な喧嘩で別れたくなんてありませんよね。

そのために7秒間だけ落ち着いてから自分の言いたい事を考えてみてください。

自分が思っているよりも思考もスッキリして、なんでこんな事で怒っていたのか・・・

となると思います。

相手を落ち着けることはほぼ無理です。

だってあなたに怒っているのにあなたに宥められるワケがなく、火に油を注いでしまうだけです。

だから、あなたがまずは落ち着きましょう。

まずは相手の言い分を聞く

相手が色々言ってきたらすぐに言い返したくなると思います。

そういう時こそ、まずは相手の話を聞くというのが大切です。

  • なぜ怒っているのか
  • 何に対して怒っているのか
  • その怒り度合いはいくつか
  • 自分の落ち度と思われている部分はどこか
  • 相手に落ち度はなかったのか

相手は怒っているのです。

非常に怒っているのです。

そんな相手は頭に思いついたことをガンガン言ってきます。

そんな時に一つ一つ話をさせると、相手は話をしながら自分の話がだんだんとまとまってきます。

そうすることで相手もだんだん落ち着いてきて、やっと日常の話し合いができるようになります。

それまでに相手の話を自分の頭の中でまとめておいて、相手の話を聞きましょう。

そして、相手の話を全て聞いてから自分の思っている思いを伝えましょう。

そうすることで相手もしっかりと聞く体制に入っているので自分の話も相手にちゃんと伝わると思います。

スポンサーリンク
自分の伝えたいことはしっかり伝える

これは話し合いの場でしっかり今思っている事をその時に伝えておくことが大事です。

これは話し合いしている時に言わないで、解決した後にあの時は言わなかったけど・・・

というようになるとまた喧嘩になります。

なんでその時に言わないでおかないで今の言うのか!と余計に次の喧嘩の新たな火種になってしまう可能性もあるのです。

なので今ちゃんとスッキリできるように自分の言いたことは言っておきましょう。

後からはなしですよ。

毎日の習慣を作る

これはどうしても喧嘩が収まらない時に、どんな時でも毎日やる習慣を作っておくことで

もしもその場がお互いに納得できなくて収まらなくても、毎日の習慣をすることで

自分から謝りやすくなったり、相手も謝ってくれたりします。

例えば

  • 電話の最後に「おやすみ」を言う
  • 会った時の最後にはハグをする
  • いつでも手を繋いで歩く
  • 寝る前に手をつなぐ
  • 寝る前にハグをする
  • 寝る前にキスをする

といったことをちゃんと決めておくことで

喧嘩をしててもこれだけはしようね!ということをちゃんと決めておきましょう。

それを喧嘩した時にでもすることで、もしもの時に役に立ちますよ。

スポンサーリンク
小さなプレゼントをする

これは何かいつものプレゼントよりも軽い物をあげてもいいですし

抱きしめるなどの行動をプレゼントするのもいいです。

行動でいうと

  • 抱きしめる
  • 頭をなでる
  • 肩を並べて座る
  • 感謝の言葉を贈る

など別にお金をかけて何かプレゼントする必要はありません。

こういう時に逆にお金をかけたプレゼントをすると相手にお金で解決する気??

と思われてしまう可能性があるので厳禁です。

もしも、何かそういう物をあげたくなっても仲直りしてからにしましょう。

そうすることで彼女の評価もボルテージに確実に上がりやすいです。

意外と喧嘩をしている時ほど人が恋しくなるものです。

なので抱きしめて「ごめんね」と伝えるだけで彼女の怒りのボルテージは下がりやすく

しっかり話し合いが出来る場を作りやすくなります。

なぜ抱きしめるのがいいのかというと包まれるという行為は、生まれる前にお母さんのお腹の

中にいる時に身体を丸めて自分をずっと抱きしめているからだと言われています。

なので抱きしめられるとお母さんのお腹にいる時の記憶を思い出して安心できるそうです。

そういった愛情を感じさせる行動をしてあげることで喧嘩も収まることでしょう。

最後に

ここでは彼女が怒っている時の5つの対処法を書きましたが、まずは喧嘩しないようにすることが一番大切です。

喧嘩と話し合いは違うので、あらでぃの言う喧嘩とは相手の嫌な所を見て一瞬にして爆発してしまって

声を荒げて言わないと収まらないような状態にならないようにちゃんと日ごろから

話し合いをしておくことでそういう状況を回避することを目指しましょう。

でも、喧嘩をしてしまうこともあると思います。

その時にこういったことが役に立てればなと思って書きました。

次は

彼氏が怒った時の対処法

でも書こうかなと思います。

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました