【悪用厳禁】日常生活で活かせる心理学を教えます!シリーズ17

心理学・産業カウンセラー・カウンセリング
スポンサーリンク

心理学の本は70冊以上読んでいるあらでぃ(@DhiQ6xim9D5Rye0)です。

色んな心理学で学んだ知識をみんなにも知って欲しいと思います。

日常で使える簡単な心理テクニックを色々解説していきます。

実際に実践してみようと思えるテクニックを紹介していきます。

初級・中級・上級とランク分けしていきます。

今回の心理テクニック上級です。

今回は相手の仕草から相手の心を見破るテクニックを解説していきます。

今までは自分の会話に関するテクニックでしたが、今回は相手の仕草から相手の心を読み取るテクニックです。

第17弾となってあらでぃの心理学シリーズがよく知られてくるようになりました!

読んでくれる皆さんありがとうございます。

これまでのシリーズを全て読んでくれているあなたはより周りからの評価があがっていることでしょう。

あなたはこれからずっとあらでぃのなんでもプレゼンテーション心理学シリーズの虜になりますよ!

スポンサーリンク

相手の仕草から相手の心を見破る

相手の仕草を見破るとは?

気になる人と楽しく会話ができていたと思っていたのに、その後のデートにいつまでたっても誘ってくれないことないですか。

予定を聞いても気になる人は「最近ちょっと忙しくて・・・」と言われてしまったり

「もしかして避けられてるんだろうか・・・」と思ったりしたことはありませんか?

ちょっとでもそう思ってしまうと、なかなか気持ちがを立て直せないですよね。

ではそうなってしまう前に、相手がツマラナイと感じていることを察知できたらいいと思いませんか?

今回は、相手が会話をつまらないと思っているときに出す「サイン」をご紹介していきます。

髪を触る

話を聞いている時に、髪を触る仕草をしていたら

  • あなたの話が面白くない
  • あなたの話に興味がない

というサインです。

心理学的には、会話をしているときに髪を触るということは自分が安心感を得ようとしているそうです。

退屈だと感じている自分の気持ちを抑えようとしているのが仕草に表れています。

もしこの仕草を見かけたら、今とは別の話題を出すなどしましょう。

相槌が同じになる

相手が話を聞いている時にあいづちが

  • へー
  • えー
  • そうなんだ

ワンパターンになっていると「早くこの話終わらないかな」と思っているサインです。

話を積極的に聞いてくれている場合は、

  • で?で?
  • それでそれで?
  • それでどうなったの?

と続きをうながす言葉がでてきたり

  • (俺、私)もそう思う!
  • そうだよね!
  • いいね!

と同調してくれたり

何かしらの気になるアピールのアクションなどがあるものです。

あなたが自分の話ばかりしたり、相手が知らない人の話を頻繁にしてしまったら、相手が退屈に感じることが多いので気をつけましょう。

携帯を見だす

テーブルに隠れて相手に見えないように携帯をいじったり

時間を確認するフリをしてメールの返信をする

といったこと行動は、「あなたの話を聞いています。」というアピールをしながら、退屈な時間から逃げようとしているサインです。

こんな時は相手に話題を振って、相手が話をする機会を作るなどして相手に携帯を使う時間を与えないようにしましょう。

他の場所に目がいっている

あなたを見ているように見えて、実はその後ろの人をチェックしていたり

歩いている人を目で追ったり

別のところに意識がいっている場合は、相手は退屈に感じていると思いましょう。

あなたの話以外に興味を持てるものを探している仕草です。

話題を変えても相手が食いつかないなら、何か質問して相手の興味がある話題を見つるか相手に話をしてもらうようにしましょう。

まとめ

一度「あなたとの会話がつまらない」と相手に思われてしまうと、そこから挽回するのはすごく難しいです。

相手からすれば次に会う約束はしないでしょうし、退屈な時間をすごしたくないと思うのは当然ですよね。

あなたから次のデートを誘う場合、相手が退屈に感じない会話のネタを探しておき

相手と会話をしなくても困らないデート・・・

例えば、映画や演劇などに誘えば、いいと思います。

一度の失敗で諦めずに、次の機会を作って会話を盛り上げれるように努力をして頑張りましょう。

それではいい心理学のある人生を!

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました